女の人

インプラントによる画期的な補綴治療|歯を健康で綺麗に保つ歯科医院

見えない矯正治療

レディ

働いている大人が矯正歯科で矯正治療を受ける際に、ブラケット等の治療法では矯正器具が目立って仕事に支障がでてしまうかもしれません。舌側矯正であれば歯の裏側に矯正器具を取り付けるため、そういった問題は発生しません。

View Detail

失敗しない歯科医院選び

歯

全国的にみて、歯科医院というのは患者に対しての数が多く飽和状態となっています。そのため、治療経験の薄い歯医者が存在するのです。金沢市でもそういった歯医者が営む歯科医院は存在するでしょう。経験豊富な歯医者のいる歯科医院を選ぶ必要があります。

View Detail

新しい補綴治療

インプラントのイラスト

虫歯や歯周病、高齢、事故等で歯を失った人というのは少なからずいるでしょう。従来、歯を失ってしまった際には、入れ歯やブリッジといった治療でそれを補います。特に、部分的に補うことのできるブリッジ治療はポピュラーなものとなっています。しかし、ブリッジ治療では、器具取り付けのために補う箇所に隣接している健康な歯を橋桁として使用しなくてはいけません。そうなってくると、橋桁となる健康な歯は少しばかり削らなければならなくなります。橋桁となる健康な歯の本数が増えれば増えるほど、歯への負担は大きなものとなるでしょう。それらの問題を改善した新しい歯科技術として、インプラント治療と呼ばれるものが注目を集めています。
インプラント治療というのは、歯が抜けてしまった箇所にフィクスチャーと呼ばれるネジ型の人工歯根を埋め込みます。この際に、埋め込むフィクスチャーは顎骨に到達し固定されるのです。そして、フィクスチャーに土台となるアバットメントを取り付けます。最後にアバットメントに上部構造と呼ばれている人工歯を取り付け、完了する治療となっています。このインプラント治療のメリットというのは、ブリッジ治療のように隣接した健康な歯を削ることなく治療を施すことが可能という点です。また、その埋め込む構造によって元々の歯のような扱いをすることもできるでしょう。メリットの大きい治療ではありますが、デメリットも存在します。そのデメリットというのは、全ての人がインプラント治療を受けられる訳ではないといった点です。インプラント治療を受けるためには幾つかの条件があり、この治療を受けられるかどうかを医師に相談する必要があります。

自然で歯に近い色の被せ物

女性の口元

被せ物というのは、虫歯治療等で使用される歯を覆う銀歯やレジンといったもののことです。しかし、銀歯やレジンでは歯茎の黒ずみや長期使用での黄ばみが発生しました。審美歯科ではオールセラミックと呼ばれる被せ物を施すことで、その問題を解決します。

View Detail